読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brand-New My Life in Perth 〜since 2014〜

三十路にて遅咲き人生のスタート。人生はホンマ何が起こるかわかりまへん。

異文化Communication ~食べ物編~

4月に入ってAMEPの一つのセメスターも終わりに近づき、3週間ほど前からテスト三昧な日々でした。
みんながパスしやすいよう色々試行錯誤してくれた先生方のおかげで私もスムーズに、全てのテストをクリアできました。
来週から日本は新学期が始まるけれどここパースでは生徒たちはおよそ2週間の秋休みに入っていきます。
さて今週金曜日にどうやらランチパーティがあるもよう。
「ナショナルフード」の持ち込みパーティだそう。
我らが日本人といえば当然日本食!
よっしゃ料理は好きだぜ日本食張り切って作るぜ‼と意気込み何を作ろうかと考えた。

んん?ちょっと待てよ。
宗教的なお食事タブーをお持ちの生徒が山ほどいるぞ!
と思い出して仲のいいムスリマの女の子に聞いてみた。
初めに思い付いたのが唐揚げ。
ムスリムは豚はダメでヒンドゥーは牛。
じゃあチキンでええやん♪と思いましたが彼女曰く、
「肉料理をムスリムは食べられるけれど、普通のスーパーで買ったお肉は食べられないの。
ハラルと言う、イスラム法に従って畜産されたお肉しか食べられないんだ...」
と申し訳なさそうに言われた。

OH!!それは勉強不足だった!教えてくれてありがとう!
後々色々調べていくと、アルコールもダメ。
これは知ってたけど、日本人にとっての4種の神器(料理酒、みりん、醤油、味噌)もタブーの域に入るとか(T-T)
たとえ加熱してアルコール飛ばしたとしても...
日本の味付けなんてほとんどこの4種の神器使うよねぇ(-_-;)
もしかしてお酢もダメなのか??
料理の「さしすせそ」の「さし」しか使えない(^o^;)
この時点で相当絞られてしまいました。

魚と卵はオッケーらしいので、
ここパースで買える食材を考え色々つきつめた結果、
おにぎり(鮭)と玉子焼きにします。
昼飯におにぎり食べてたら物珍しそうに見てくるもんね、みんな(笑)
もうこれでいっかー( ・ω・)