読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brand-New My Life in Perth 〜since 2014〜

三十路にて遅咲き人生のスタート。人生はホンマ何が起こるかわかりまへん。

ワインの里で天使を見た。

秋休みもとうとう今日で終わり。
早いなしかし。
趣味に没頭しまくってたのでほとんど家にいたわ。
まぁこれでも一応主婦なんで、遊び回るわけにもいかんものね。

先週の土曜日は旦那の上司のご家族とランチに出掛けました。
上司が娘さんを連れてきました。
まぁ~かわいらしいのなんの!!
金髪碧眼の天使か?!というような美貌。
年齢はわかんないけど推定3~4歳ってとこかなぁ。
初めは恥ずかしいのか顔も向けてくれなかったけど、場馴れするにつれて本来の彼女が見えてきました。 
かわいらしい見た目に反してなかなかのおてんばガール。
「踊ろう♪」「おっかけっこしよう!」
などと連れ出されたワタシσ(*´∀`*)
ワイナリーの見える丘の上にそびえ立つ、オサレレストランの庭の綺麗な芝生の上で走り回る彼女はまるで天使かお花の妖精のよう。
などとウットリする暇もなく走り回らされた三十路のもっさいアジア人のオバハン。
なんだかすっごい恥ずかしかったわ‼
庭のお花をとって髪に飾ると本当にお人形さんのようなんだけど、そもそも私有地のお花を勝手にとっても構わないのか?
日本人なら注意するポイントだがここはオーストラリアなのでと悩んでたらどうやら構わないようだ。
パパさん曰く「この子はいつもこうだから」って言ってたからよしとしとこう。
これがロリコンの男ならたまらないポイントだわな。
チラおぱんちゅの大サービスもありました(笑)
帰り際は、帰りたくないのかずっとウダウダしてた彼女。
この感じどこかで見たと思ったらうちの甥だわ。
普段下の子の世話に忙しいママにはほとんど遊んでもらえないから、
ちょっと出掛けた先で遊んでもらえそうな人間を見つけると今までの溜まってた遊びたい魂が爆発するんよね。
今は小学生になって少し落ち着いたうちの甥もそうだった。
ちょっと胸が苦しくなったなぁ。
また会える機会があったら一緒に遊んであげよう。 
正直オーストラリアの子供とは遊んだことなくて、何したら喜んでくれるのか戸惑ってたのに、
懐いてもらえたのが凄く嬉しかったから。