読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brand-New My Life in Perth 〜since 2014〜

三十路にて遅咲き人生のスタート。人生はホンマ何が起こるかわかりまへん。

異文化Communication

振り分けられたクラスは中級レベル。
みんなレベル一緒だから安心して楽しめるわよ、とマネージャーの女性。

AMEP初日。ドキドキしながら教室に入ってみるとそこはTHE国際交流の場でした。
日本人は私だけ。
英語を鍛えるには日本人のいない環境が一番なんよね?
まさしく英語の勉強する環境としては最高なんでしょう。
しかしセメスターの途中から入ったせいで完全なるアウェイをひしひしと感じる。治りかけていた人見知りが再発。
心細いったらありゃしねぇ。

クラスメイトは多い順に中東、東南アジアにアフリカ、中国の方々。そこに日本人(自分)、韓国人、香港人(敢えて中国と分けています)、スリランカ人、ポーランド人が一人ずつ。
中国韓国系の人たちとはお国が近い分共通の話題がいくらかあるのでまだ話しやすいんだけども、中東系の人たちとは何話したらいいんかマジでわからんかった。
宗教も日本人には馴染みのないムスリムさんたちやし文化もわからなければ文字もわかんねぇ。
中国は漢字でなんとかなるし、韓国とは韓流ブームのおかげで何かしら話題は見つかる。

私が大学の頃は欧米文化ばかり選択していて最終的なゼミですらもイギリス関連。
完全ノーマークだった(T^T)
正直興味がなかった...(ごめんなさい)
中東といえばあちこちで紛争が起こってて残虐な事件が日常茶飯事。
怖い、の一言が中東に対するイメージでした。
東南アジアもアフリカも完全ノーマークでした。

そして英語の授業はといいますと、先生はとてもわかりやすい英語で話してくれるのでありがたい。
リスニングはここ2年の間に幾度か行った田舎のバリバリネイティブオージー英語で鍛えられてたおかげでほとんど問題なし。
ただ、これがConversationの時間になるとクラスメイトのそれぞれのお国訛り英語になって非常に聞き取り困難になる(*_*)
でもみなさんそれぞれスピーキングとても上手なんよな...
スピーキングこそ日本人の最大のウィークポイントなんですよね(泣)

そしてさらに英文法も習うことになるんやけどこれが鬼のように簡単!!!
中学生レベルです。
基本のSVOに前置詞、過去分詞に受動態など。もちろん全て英語で習うわけですが。
たぶん普通に学生時代に勉強していれば日本人なら誰でも問題なしですよ。
ぶっちゃけ受ける必要性なくね?と思えるほど。
大学受験英語のほうが数倍難しいっス。

しかしっ!!
他のクラスメイトは案外文法で苦戦している模様..
え、なんで?と思ったけど理由はお国事情によるものなんだとあとから調べてわかりました。